ホーム >  婚礼 ,  成人式 ,  卒業式 ,  色振袖  >  鳥の子色に格子紋様、色とりどりのケイトウが咲く中振袖

鳥の子色に格子紋様、色とりどりのケイトウが咲く中振袖

fui43

試着する

レンタル予定日必須

?
レンタルする

60,000円(税別)

珍しいケイトウ(鶏頭)尽くしの現代物の中振袖です。クリーム色の正絹に、前も後も袖も、きもの全体がケイトウで覆い尽くされています。軽やかな手描きに、金泥が惜しげもなく使われた上品な一品です。帯も現代物を合わせました。深い青緑色の地に、金糸、銀糸、赤などで草花をアレンジした手刺繍が施されています。賑やかなきものと帯ですので、帯締めは白黒でキリッと結び、大人っぽいコーディネートになりました。

サイズ
身丈162cm、袖丈95cm
対応身長 167cmくらいまで
7号~13号相当

店主のひとこと

おしゃれな気取り屋の色あせぬ恋

きものの柄としても、フラワーアレンジメントとしても、あまり主役になる機会のないケイトウの花ですが、このきものでは見事に主役ですね。これだけ多くをあしらいながらも、大人っぽく仕上がっているのは、職人が選んだ色によるものでしょう。赤ではなく朱赤と臙脂、黒や白の花も効いてますね。葉の色も、白、紫、青などが混じっていて、寒色系の色と、抑えめの暖色系の色が、大人の雰囲気を醸し出しています。前よりも後ろの方に多くの鶏頭が描かれているというデザインも素敵ですね。

和名の「ケイトウ(鶏頭)」はその名のとおり、花姿が鶏のトサカに似ていることから名付けられました。奈良時代に、インドや熱帯アジアから中国を経由して日本に伝わったそうです。花言葉は「おしゃれ」「気取り屋」で、胸を張って歩く鶏の姿からこの言葉が生まれました。後年には、ドライフラワーにしても色あせないことから「色あせぬ恋」という花言葉も生まれたようです。

大空に向ってすっくと立ち、真っ赤な花を咲かせるケイトウは、お嬢さまの決意に満ちたお顔を引き立てますね。婚礼や成人式などの大切な日にぜひお召しになってください。

光沢がある現代物の袋帯に、黒白の帯締め、帯揚げはちょっとピンクのような、オレンジのような総絞りの帯揚げで、重ね襟はゆめやで作ったオリジナルの絞りです。賑やかだけど大人っぽい振袖に仕上がりました。

セット内容・送料・ご確認事項
※必ずお読みください

【基本的なセット内容】

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・伊達衿・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・袴(袴レンタルの場合)が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

※ご婚礼用の商品の場合、上記に加えて、筥追(はこせこ)・末広(すえひろ)・抱え帯(またはしごき)も含まれます(お色は3パターンからお選びください)。

【往復送料無料商品】

こちらの商品は往復送料無料にてレンタルいたします。

【ご確認事項】

※アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
※お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
※コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。
※足袋は、ご持参またはお買い取り(税込2,700円)をお願いいたします(子どもは無料)。