ホーム >  参列・パーティー ,  街歩き・食事会 ,  訪問着  >  濃藍色に葡萄の葉の付下げ

濃藍色に葡萄の葉の付下げ

hou14

試着する

レンタル予定日必須

?
レンタルする

40,000円(税別)

葡萄の葉が描かれた現代物の付け下げです。光沢のある綸子地が濃藍色に染められ、葡萄の葉が手描きされています。秋色に染まった葉の中に、菊、松、梅が描かれているのも素敵なデザインです。帯は、菊、笹、梅などが織り込まれた袋帯を結びました。帯の縁には、格子、観世水文、青海波などの吉祥紋様が織り出され、静かな色合いながら、たいへんおめでたい図柄です。秋の柄ですので、10~11月にお召しになるのがおすすめです。

サイズ
身丈165cm、袖丈50cm
対応身長 170cmくらいまで
7号~13号相当

店主のひとこと

10月、11月に纏う日本の侘び寂び

訪問着のカテゴリーに分類しましたが、正確には「付け下げ」というきものです。訪問着と付け下げの違いは、衿に柄が掛かっているかどうか、きものと共になる裾回しが付いているかどうか、この2点です。このきものには、衿に柄が入っていませんので、「付け下げ訪問着」になります。すっきりとした柄で、お食事や観劇など、どこへでも気軽にお召しいただけるきものです。

描かれたのは葡萄ですが、実がありません。夏の収穫を終えた葡萄ですね。秋になり、緑色だった葉が、すこし黄色くなりはじめた頃の葡萄です。濃藍色に染められた正絹の綸子地には、黄色い葉が描かれ、紅葉の紅色や、枯葉の黄土色の縁取りがされています。夏色の緑の葉にはぼかしが施され、秋色の葉の中には松、菊、紅葉、梅の花が手描きされています。日本の侘び寂びを感じる絵柄ですね。

帯は、金色と濃藍色の地に、菊、梅、撫子、松が織り出され、亀甲、檜扇、蝶なども散りばめられています。帯の縁は、さらに深い藍色で縁取られ、縁の中には格子、観世水文、青海波などの吉祥紋様が織り出されています。こんなに多くの吉祥紋様を、織り、手刺繍で施しながらも、派手ではなく、たいへん落ち着いた印象の袋帯です。

秋色に染まった空気の中で、さりげなくこのきものをお召しになって、お出掛けするのも楽しいかもしれません。

セット内容・送料・ご確認事項
※必ずお読みください

【基本的なセット内容】

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・伊達衿・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・袴(袴レンタルの場合)が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

【往復送料無料商品】

こちらの商品は往復送料無料にてレンタルいたします。

【ご確認事項】

※アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
※お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
※コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。
※足袋は、ご持参またはお買い取り(税込2,700円)をお願いいたします(子どもは無料)。