ホーム >  参列・パーティー ,  留袖  >  鹿の子紋様と古典柄の檜扇と菊の黒留袖

鹿の子紋様と古典柄の檜扇と菊の黒留袖

tom01

試着する

レンタル予定日必須

?
レンタルする

46,000円(税別)

昭和の初めころに作られた、錦紗縮緬(きんしゃちりめん)に菊づくしの五つ紋付アンティーク黒留袖です。真っ黒に染められた正絹に、花車、檜扇、菊が手描きされ、部分的に手刺繍や、金泥・銀泥(きんでい・ぎんでい)が丁寧に施されています。まだ仕付け糸が付いたまま、譲り受けました。帯にも、白地に扇が手刺繍されています。扇の中の牡丹や梅も手刺繍で描かれ、手仕事の温もりを感じる一品です。

サイズ
身丈160cm、袖丈49cm
対応身長 165cmくらいまで
7号~13号相当

店主のひとこと

秋の祝席は菊尽くしで

アンティークの黒留袖ですが、まだどなたもお召しになっていないようで、仕付け糸が付いており、やけもなく、汚れもありません。昭和初期の上質な正絹の留袖が、新品のまま出てきたのですから、驚きました。おすすめの一品です。

地の色は、黒からベージュ色へのぼかしになっています。ぼかし染めは、一色の染めの何倍もの手間が掛かります。一度に染めるのではなく、まず薄い色で染め、糊落としをし、次は少し濃い色で染め、また糊を落とし、だんだんと濃い色に向って何度も染めと糊落としを繰り返します。この手仕事によって、夢のようなぼかしが出来上がります。

きものに描かれた花は菊だけです。菊尽くしの秋のお召しものですね。檜扇の中の模様として、松、竹、梅、桐、七宝、吉祥紋様が描かれ、菊の花びらの縁や吉祥紋様には、金泥・銀泥のほか、部分的に手刺繍も施されています。裏地は紅絹で、裾には綿が入っています。昭和の初めころに、この錦紗縮緬のきものを作ったのですから、そうとう高価で贅沢な誂えだったと思います。

扇が手刺繍された白い帯に、白い帯揚げ、帯締めを締めて、お身内の結婚式などお祝いの席にお召しになってください。

セット内容・送料・ご確認事項
※必ずお読みください

【基本的なセット内容】

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・伊達衿・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・袴(袴レンタルの場合)が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

【往復送料無料商品】

こちらの商品は往復送料無料にてレンタルいたします。

【ご確認事項】

※アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
※お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
※コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。
※足袋は、ご持参またはお買い取り(税込2,700円)をお願いいたします(子どもは無料)。