ホーム > パートナー募集  > ケース2 美容室さま・出張着付けサービスご提供者さまの場合

ケース2 美容室「大人美人-otonabito-」 二宮さま

「本物を着たい」という方に選ばれています!

今回は、神奈川県・横須賀で美容室と出張着付けをされている二宮さんに、ゆめやパートナー店舗になった経緯、パートナー店舗としての日頃のお仕事内容、お客さまとのやり取りの様子などを伺いました。

どのようなきっかけで、ゆめやのパートナー店舗としてのお仕事をはじめられたのでしょうか?

美容師として勤めながら、着付けの勉強をして、個人で出張着付けとヘアセットを提供するサービスをはじめました。サービスを提供するにあたり、きものレンタルの提携店を探したのですが、ご縁があってゆめやさんに辿り着きました。山梨の本店にも伺い、相談したところ店主にも「応援しますよ」と言っていただいて、提携のお話がまとまりました。こちらも、実際にゆめやさんの品揃えを確認し、店主とも直接お話しできたので、パートナー店舗としてビジネスをはじめるに当たっての不安などはありませんでした。

出張着付けも展開されていますが、ゆめやのきものをレンタルしてくださるお客さまとはどのような流れでお話が進むことが多いのでしょうか?

SNS(InstagramやFacebook)を見て興味を持ったお客さまが、ホームページで価格を確認してからお問い合わせいただくことが一般的です。出張着付けをご依頼いただくときにも、ご興味がありそうな方には、こちらから「きものレンタルもあります」とご紹介することもあります。

二宮さんの場合、どのような目的できものをレンタルされる方が多いでしょうか?

今のところ、成人式と七五三のお客さまが多いです。それから訪問着もよくでますね。中でも、「本物のアンティークきものが着たい!」という強いこだわりがある方が多いと思います。今、アンティークが流行っているので、大手のレンタル屋さんでも「アンティーク風」のきものは比較的多くあります。

そうした中、ゆめやさんを選ばれるのは、お値段は少々高くても、化繊のきものではなく「本物を着たい」と思われているお客さまがメインです。こだわりが強くて、やる気もあって(笑)。「きものも、着付けも、ヘアセットもInstagramでチェックしました!」、「ロケーション撮影も考えています!」といったケースがほとんどです。ぽっくりが履きたい、など小物にもこだわりを持っていらっしゃいます。ですので、着付けの際も、お客さまの意向を汲んで、スタンダードから少し変えたりすることもよくあります。帯揚げを少し変わった感じで結んで差し上げると喜んでいただけたりしますね。

なるほど。そうしたこだわりをお持ちのお客さまと接する二宮さんにとって、ゆめやのどのような点が「使い勝手」としてよいでしょうか?

小物を含めて、「送られてきたものの中からコーディネートすれば間違いない」、という安心感だと思います。私は着付け師ではありますが、きものは極めようとすると奥深くて、きものや帯に限らず、数々の小物をゼロから選んで、揃えるのは別に本業がある場合、かなり大変です。加えて、ゆめやさんがセレクトしてくれたきものや帯、小物の中から、私自身の美的感覚を活かして選べる点はありがたいですね。プロがこだわりを持って選んだものなので、そこはお任せしようという気持ちです。

最後に、二宮さんご自身、またゆめやパートナー店舗さまとして、今後の抱負などがあればお聞かせください。

美容室を経営しながら、きものレンタル、着付けの比重を高めていきたいという思いはあります。横須賀という土地柄も活かして、外国人向けのレンタルなどユニークな取り組みをしていきたいと思っています。

袴のレンタルも増やしていきたいですね。最近は、小学生も卒業式に袴を着ることが増えているようです。アンティークのものは小さめなので小学生にもちょうどいいのではないかと思い、広げていけたらと思っています。

二宮さんが経営されている美容室「大人美人-otonabito-」についてはこちら。

partner