ホーム > パートナー募集  > ケース3 きもの販売店さまの場合

ケース3 「キモノ葉月」 近江川さま

アフターケアもおまかせだから、
安心しておすすめできます

今回は、東京・代田橋できもの店を経営される「キモノ葉月」の近江川さんに、ゆめやパートナー店舗になった経緯、パートナー店舗としての日頃のお仕事内容、お客さまとのやり取りの様子などを伺いました。

どのようなきっかけで、ゆめやのパートナー店舗としてのお仕事をはじめられたのでしょうか?

このお店をはじめる前に、ゆめやさんで働いていました。その後、東京のきもの屋さんを経て自分でお店を開いたのですが、その際に店主からパートナー店舗の話をお聞きしました。私がゆめやさんで働くことになったきっかけは、ゆめやさんの素敵なきもののコーディネートをインターネットで見つけたことでした。同じように、より多くの方に、見つけてもらうきっかけが提供できたらと、パートナーになりました。

きものを販売されているわけですが、その中でゆめやのレンタルをご紹介いただくのはどのようなケースが多いのでしょうか?

おかげさまで、当店も販売の品揃えが増えてきたので、販売につながることが多いです。ただ、レンタルを希望されるお客さまもいらっしゃいますし、きものを何も持っていらっしゃらないお客さまの場合、一から全部そろえるのはなかなか大変です。そういう方にもレンタルをおすすめしています。

どのような目的でゆめやのきものをレンタルされるお客さまが多いのでしょうか?

満遍なくご用命いただいていますが、結婚式、成人式が多いですかね。結婚式のお呼ばれ用に訪問着をレンタルされる方も結構いらっしゃいます。普段からきものを着るようなきもの好きの人はフォーマルな訪問着もいくつか持っているというケースが多いと思いますが、普段全く着ない方だと、訪問着をお持ちでないことも多いですよね。

レンタルが決まったあとのゆめやとのやりとりについてはいかがでしょうか?

こちらに大きな負担がない点はありがたいですね。届いたきものを確認してお客さまに着付けるか、お送りすればいいだけですし、返却時もお客さまから受け取った品物を確認して、問題がなければ返却するだけで、あとのお手入れなどは全部やってくださるので。

ゆめやをおすすめしやすいポイントなどはありますか?

アンティーク振袖の品ぞろえは勿論ですが、加えてお手入れが丁寧にされたきものである点だと思います。返却されたきもので、ちょっと糸が解れたりしているのを、縫って直したりされているので。とても大変だと思うのですが、こちらとしては返却後にこちらで何もする必要がないので助かります。あと、好みに合わせて小物を色々選べるところもゆめやの魅力だと思います。

最後に、キモノ葉月さんとして、そしてパートナー店舗さまとして、今後の抱負などあればお聞かせください。

これまでもしてきたことではあるんですが、「きものって気軽に着られるんだよ」ということを引き続きお伝えしていきたいと思っています。私が昔そうであったように、きものに対して敷居が高い、特別なときにしか着ないものというイメージを持っている人は、世の中にたくさんいらっしゃいます。レンタルは、より気軽に着ていただくためのきっかけになると思うので、これからもおすすめしていけたらと思います。

近江川さんが経営されている「キモノ葉月」についてはこちら。

partner