ホーム >  婚礼 ,  成人式 ,  卒業式 ,  色振袖  >  桃花色に花車の振袖

桃花色に花車の振袖

fui22

試着する

レンタル予定日必須

?
レンタルする

180,000円(税別)

牡丹、菊、橘、鉄仙などが、花車いっぱいに咲き誇った、昭和初期の五つ紋アンティーク色振袖です。花の縁や紅葉が金糸で手刺繍され、華やかな振袖になっています。部分的に使われた水色、緑、グレーが活きています。帯は赤い地に菊、梅、もみじなどが織り出された袋帯を合わせました。帯裏の黒が、全体の印象を引き締めます。

サイズ
身丈173cm、袖丈101cm
対応身長 178cmくらいまで
7号~13号相当

店主のひとこと

昭和初期の百花繚乱

大正時代のモダンで大胆なデザインが、日本古来の伝統的な美意識と交わり、新たな洗練を加えた「古典美」が生まれた、昭和初期のきものです。牡丹、菊、橘、鉄仙などが、花車いっぱいに咲き誇り、まさに「百花繚乱」と呼ぶにふさわしいきものです。

紅葉や、葉、枝などに、緑、グレーが使われており、刺し色となっています。もう1色の刺し色は、右袖の後ろにあるブルーの紐です。菊を束ねた青い紐が、まるでブーケのようで可愛らしいですね。

昔のきものの多くは、帯に入る部分に丈をしまっています。もともと着られていた方は、割と小柄なお嬢さまだったらしく、丈が短かったので、ゆめやで丈出しをしました。10cmほど丈を長くしましたので、背の高いお嬢さまでも、おはしょりを十分に出して着ていただくことができます。

鹿児島の旧家から譲り受けました。紋は「九曜」の五つ紋付きです。真ん中の丸が太陽、まわりの8つの丸が、太陽を囲む惑星です。太陽も、月も、星も、信仰の対象でしたので、戦国大名が多く使っていた家紋です。

帯は、赤い地に菊、梅、もみじなどが織り出された袋帯を合わせました。裏地が黒になっており、結び方によって黒の分量を調節できます。黒が少し加わることで、引き締まった印象になりますね。

成人式や結婚式にお似合いの、華やかなピンクのアンティーク色振袖です。

セット内容・送料・ご確認事項
※必ずお読みください

【基本的なセット内容】

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・伊達衿・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・袴(袴レンタルの場合)が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

※ご婚礼用の商品の場合、上記に加えて、筥追(はこせこ)・末広(すえひろ)・抱え帯(またはしごき)も含まれます(お色は3パターンからお選びください)。

【往復送料無料商品】

こちらの商品は往復送料無料にてレンタルいたします。

【ご確認事項】

※アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
※お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
※コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。
※足袋は、ご持参またはお買い取り(税込2,700円)をお願いいたします(子どもは無料)。