ホーム >  婚礼 ,  成人式 ,  黒振袖  >  色とりどりの鶴が舞う黒振袖

色とりどりの鶴が舞う黒振袖

fuk33

試着する

レンタル予定日必須

?
レンタルする

180,000円(税別)

丸に剣片喰の五つ紋が印されたアンティーク黒振袖です。黒い錦紗縮緬の正絹地に色とりどりの鶴が手描き、手刺繍で描かれ、旅立ちを祝福するかのようなおめでたい絵柄です。袖は袂の下にだけ鶴が描かれていますが、これは嫁いだ後に袖を切って留袖として仕立て直すための準備です。八掛も共布でたいへん丁寧な作りです。帯も黒地に金銀と色とりどりの鶴の絵柄で統一しました。

サイズ
身丈160cm、袖丈109cm
対応身長 165cmくらいまで
7号~13号相当

店主のひとこと

天まで届け

おめでたい意味ばかりを持つ鶴が舞うアンティーク黒振袖です。このカラフルな色の鶴を見てください。今にも舞い上がっていきそうな勢いで描かれ、顔も一羽一羽違うので見応えがあります。

これらはすべて手刺繍で描かれています。選んだ糸は淡い色なのですが、真っ黒の地に、淡い色の集団となると、ここまで鮮やかに浮かび上がるものなのですね。緻密な鶴の手刺繍が見事な一品です。

黒い正絹に、ベージュの雲取り紋様。描かれたのは鶴だけです。赤い鶴、白い鶴、色とりどりの鶴、鶴にすべての想いを託して誂えたのでしょうね。「鶴は千年、亀は万年」のことばどおり、長寿を願う絵柄として有名ですが、ほかにも意味があるのをご存じですか?

まず、「夫婦円満」という意味があります。鶴はつがいになると、その一生を同じ相手と過ごします。このことから「一生添い遂げることができますように」との願いを込めて、結婚式のお召しものに好んで描かれます。

ほかには、「天と地をつなぐ存在」という意味があります。鶴の鳴き声を聞いたことがありますか?鶴は渡り鳥です。毎年11月~3月頃にかけて、越冬のためにシベリアから日本に飛来します。鹿児島の出水の鶴は有名ですね。1万5千羽~1万7千羽の鶴が出水に集まります。テレビのニュースでその様子が伝えられますので、ぜひ鳴き声を聞いてみてください。天にまで届くかと思われるほどの甲高い鳴き声なのです。この鳴き声から、「天と地をつなぐ存在」と言われるようになりました。

ふきには綿が入って、本格的な仕立てになっています。

セット内容・送料・ご確認事項
※必ずお読みください

【基本的なセット内容】

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・伊達衿・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・袴(袴レンタルの場合)が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

※ご婚礼用の商品の場合、上記に加えて、筥追(はこせこ)・末広(すえひろ)・抱え帯(またはしごき)も含まれます(お色は3パターンからお選びください)。

【往復送料無料商品】

こちらの商品は往復送料無料にてレンタルいたします。

【ご確認事項】

※アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
※お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
※コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。
※足袋は、ご持参またはお買い取り(税込2,700円)をお願いいたします(子どもは無料)。