ホーム >  参列・パーティー ,  街歩き・食事会 ,  訪問着  >  桔梗色に地紙と四君子の小振袖

桔梗色に地紙と四君子の小振袖

hou30

試着する

レンタル予定日必須

?
レンタルする

60,000円(税別)

桔梗色の正絹に、扇型の地紙紋が全面に手描きされた昭和初期頃のアンティーク小振袖です。地紙紋の中には、艶やかに菊、竹、蘭、梅の四君子が描かれています。同じく地紙紋が描かれた帯を文庫風に結んでみました。帯は白地に、菊、梅などが織りで施されています。きものの地紋紙の白と、帯地の白が同じ色合いで、すっきりとまとまっています。袖が少し長い小振袖ですので、反幅帯にして、袴を合わせてもお召しいただけます。

サイズ
身丈156cm、袖丈74cm
対応身長 161cmくらいまで
7号~13号相当

店主のひとこと

踊る扇面に漂う気品

同じ地紙紋様のアンテクークきものと帯が、ゆめやで出会いました。地紙紋様は、扇の骨に貼る前の紙のことで、扇面とも呼ばれます。この地紙にまず絵を描いてから、骨に貼り付けます。たいへん美しい形の紙で、古くから能装束や小袖の紋様として使われてきました。屏風や襖には、直接貼って愛でたりもしていましたね。古ければ古いほど、和紙の風合いが上品で、ちょっと和歌でも詠みましょうかという気分になります。

桔梗色の正絹には、竹や梅の紋様が織り出され、地紙紋様には、菊、竹、蘭、梅の四君子が手描きされています。白地に程良い空間を取りながら描いたもの、白地に雲取り紋様と花々を描いたもの、濃い紫色に花々がびっしりと描かれたものなど、デザインの違う地紙が一面に踊っています。地の織りも、描かれた柄も、手間をかけた艶やかな逸品です。

帯は、白地に赤と金色の地紙紋様が描かれ、地紙の縁と花々は、手刺繍が施されています。きものの色柄とも、ぴったりと合っていて、お誂えで作ったかのような帯ですね。オレンジの絞りの合わせ衿と、大きな絞りが施された帯揚げと、鹿の子模様の丸ぐけ帯締めで、元気よく仕上げました。

四君子は卒業式にも相応しい絵柄です。学識が高く、清らかで、高潔で、おこないの正しい人格者を表す「君子」という言葉になぞらえ、それぞれの意味を持つ草花が当てはめられました。どうぞこの小振袖で、気品を持って式典に臨まれてください。

セット内容・送料・ご確認事項
※必ずお読みください

【基本的なセット内容】

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・伊達衿・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・袴(袴レンタルの場合)が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

【往復送料無料商品】

こちらの商品は往復送料無料にてレンタルいたします。

【ご確認事項】

※アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
※お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
※コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。
※足袋は、ご持参またはお買い取り(税込2,700円)をお願いいたします(子どもは無料)。